ヒトのエネルギー供給機構(3大栄養素のうち、炭水化物だけが直接的に酸素無しでエネルギー産生の為に代謝され、ATPの化学結合に蓄えられたエネルギーは、筋活動を行うために使われる)

ホスファゲン機構は短時間で高強度の身体活動(例:ジャンプやスプリント)の為のATPの主要な供給源であるが、強度にかかわらずすべての運動の開始時に動員される機構。 例えば、軽い5kmのジョギングや中程度のエクササイズなどの最初の数秒間には、筋活動のエネルギーはホスファゲン機構から供給されます。 このエネルギ…