「ボロい」のと「いい味が出ている」のとは違うよね

最近、風がとっても心地よくて自然豊かなところで、若干くたびれた細胞中に新鮮な空気を目いいっぱい行き渡らせたいと思っているねもこたんです。 細胞は古くなる一方ではなく、いい味出してくれて加齢を華麗に過ごせたらどんなにいいかと思う次第です。って、まさかのオヤジギャグをかましてしまいました。 で、私が言い…