書店こわい 山本貴光

 いつからだろう、暇さえあれば書店に行くようになっていた。 仕事で訪れた場所でも旅先でも、用事があってもなくても、書店を見かけると素通りできない。ここで書店とは、新刊書店と古本屋の両方を指している。