福島復興へ汚染土の処理急げ

 東京電力・福島第1原子力発電所の事故で生じた放射性物質を含む汚染土を運び込み、最長30年にわたり保管する中間貯蔵施設が福島県大熊町で稼働した。  原発事故から6年半以上たち、福島県内の除染は原発に近い