生産性を踏まえ賃上げの議論を深めよ

 2018年の春季労使交渉に臨む労働組合と経営側双方の方針が定まってきた。連合は基本給を一律に上げるベースアップ(ベア)と定期昇給を合わせ、月給を4%程度増やすよう要求することを決めた。経団連は月給の