客の迷惑行為を7割経験 土下座強要など、労組調査

百貨店やスーパーなどの従業員の約7割が客から暴言や暴力などの迷惑行為を受けていることが16日、流通業などの労働組合でつくるUAゼンセンの初の実態調査で分かった。暴力などが増えていると感じている従業員