株価急落、物価上昇に「過剰反応」 債券市場は静観(写真=ロイター)

世界の株式相場が大荒れとなっている。足元の米消費者物価指数(CPI)の上昇加速で「インフレ退治のため、想定より金融引き締めが早まる」との警戒が広がる。だが、震源地のはずの債券市場の反応は比較的冷静で、過剰反応気味の株式市場とギャップが鮮明だ。今年の高値からの下落率でみると、米ダウ工業株30種平均は3%程度…