コンビニ人間 村田沙耶香 【感想】 / “普通”という名の束縛と、逃れられない“少数派”の現実

こんにちは オトです はじめに あらすじ 音で繰り広げられる古倉恵子の日常 コンビニ人間 少人数派が下に見られる世界 最後に はじめに 村田沙耶香さんの「コンビニ人間」を読了しました。 大分前に、書店で大々的に宣伝されていたのに惹かれ、購入しました。 が、読まないままずるずると何ヶ月、下手したら一年ほど読まず…