ひとつの広告が「世間」をつくり、その「世間」は大勢のひとの生きる「社会」になる。

どんな言葉が正確なのかまだわからないのだけれども寝付けなくて、頭のなかにはそれがあって、考えると少し泣きたくなったのでとりあえず文章に起こしてみようと思って今書き始めた。 こうやって文章にそれを変換できること、そしてそれを誰かに読んでもらって、その人の視点からこの考え事に対する一つの解をもらえること…