晴れたら空に骨まいて

愛する人を亡くした5組の家族・友人たちが、軽やかに生き続ける姿を深いまなざしでユーモラスに綴る、傑作ノンフィクション。