『ペンの力』ブログ小説NO.47

ペンの力 一人の作家がペンと一冊の本で戦争を止めた。 彼は戦場の写真を見る度に胸を痛めていた。一度きりの人生。 兵士である彼らにも幸せになって欲しい。彼らを待つ家族や友人を思うと、じっとしているわけにはいかなかった。 彼は全世界の兵士に向けて短編の物語を贈った。 戦地でそれを手にした兵士は次々に涙し、戦…