神経調節性失神(反射性失神) | 済生会

神経調節性失神(反射性失神):失神とは一過性に意識消失を起こす状態をいい、一時的に脳全体が必要とする血液が十分に行き届かなくなります。比較的速やかに数分以内で意識の回復がみられます。