【小説】 無人島で少年たちが殺し合う 暗黒版十五少年漂流記「蠅の王」と子供のころの思い出

ノーベル賞作家ウィリアム・ゴールディングの処女作で、暗黒版十五少年漂流記の愛称で親しまれている「蠅の王」の感想です。 「蠅の王」あらすじ 未来の大戦中、疎開地へ向かう飛行機が墜落し、乗員である少年たちは南太平洋の無人島に置き去りにされる。彼らはラルフとピギーの2人を中心に規則を作り、烽火をあげ続けるこ…