【仙六列伝】東北学院大初のプロ野球選手 仁部智/東北スポーツ

 仁部は大学卒業後、社会人野球のTDK(秋田)を経て広島に入団した。最速140キロ台前半の直球にスライダー、カーブ、チェンジアップが武器。当時のプロ球界では投手で最も小柄な1メートル66の左腕だった。