【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第2章編):響堂雪乃」二ホンという国に違和感を覚えている方はおすすめ

(結末:もう二ホンという国はないと考えましょう。) しんちゃん(架空のキャラクター)は、ある違和感を覚え始めた。 二ホンという国の違和感。 中国、アメリカなどの考え方やシステムをそのまま導入。 二ホンなのに、二ホンではないという感じがしました。 しんちゃんは、「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たち…