【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第1章編)」政府に違和感を覚えている方はおすすめ

(結末:政府を信用してはいけない。二ホンのためにやっていない。) しんちゃん(架空のキャラクター)は、政府のやっていることに違和感を覚えました。 二ホンのためにやっていない感じがして、たまらない。 不思議で仕方ありません。 しんちゃんは、ヒントを探るため、本屋さんに行った。 探していると、「続・二ホンと…