【日本人漂流民の歴史とおすすめ小説】長永・音吉・彦蔵*荒波を乗り越え、たくましく生き抜いた男達

鎖国をしていた江戸時代、多くの人々が航海中に遭難に合い、漂流しました。多くの人々が命を落としていく中、奇跡的に助かった人達もいます。漂流民が懸命に生き抜こうと努力した痕跡から伝わる、大切なメッセージをお伝えします。