【気象庁会見】今回の地震の震源は南海トラフ地震の想定震源域内だが、直ちに巨大地震に繋がるものではないとの見解を示す!南海トラフへの影響は調査基準(M6.8)に達していないとして行わない模様!国内でM7の『地震予知』もあるが、気象庁とどっちが当たる!?

日向灘での地震を受けて、気象庁は5月10日11時より記者会見を実施していますそこで本日の天気のあれこれでは、その内容について書いていきたいと思います~ 東京大学名誉教授のロバート・ゲラー氏は日向灘の地震と南海トラフの関連性を否定する学者と政府を強く批判☟ www.tenkinoarekore.com 5月10日には環水平アーク&ハ…