令和の夏目漱石こと。

こんばんは! 今週の水曜日にまたテストがあるのでなかなか萎えている私ですが、今読んでる『マチネの終わりに』という本のこんな表現を紹介します。 「耳を擘くほどの凄まじい爆音は、ここに届くまでの間に、距離がすっかり手懐けていた。」 距離があるので爆音が小さく聞こえたという場面ですが、距離が手なずけるなんて…