想像を絶するほど深い底の底「最貧困女子」

障害という言葉がよろしくないなら、こう言い換えよう。彼女らは本当に、救いようがないほどに、面倒くさくて可愛らしくないのだ。 最貧困女子 (幻冬舎新書)posted with カエレバ鈴木 大介 幻冬舎 2014-09-27 現実には薄幸の美少女など存在しない。あるのは無気力で、容姿も見難く、性格も(障害のため)可愛らしさがなく…