一葉落ちて天下の秋を知る

スポンサーリンク // 今回はもう直ぐ秋ということで 秋に因んだことわざです。 今日のことわざ 一葉落ちて天下の秋を知るいちようおちててんかのあきをしる 意味 他の木より早く落葉する青桐の葉の一枚が落ちるのを見て、秋の気配を知るの意で、物事の僅かな兆しからその後に来る大勢を察知するたとえ。 引用元:ことわざ…