ジェシカ・ジョーンズ 第3話「AKA 気つけ薬」レビュー

「初めて電話したよ。弱者たちのヒーローである君の勇気に拍手を送るよ。自分に正直だ。君が言うような能力の男が本当に存在したら、どうだ? 自分の思うとおりに人を動かせる男だろ。そんな人を侮辱するのは危険だ。それに、この上なく愚かなことだ。君が言うようなサドな奴にも感情はあるんだ。そいつが君を自殺させない…