児童福祉法を全文を簡単なことばで解説。今回は第1条~第3条で児童が権利の主体のことを強調している内容です。

児童福祉法を全文、簡単な言葉で分かりやすく解説します。今回は第1条~第3条までを扱っています。第1条については、2016年の改正で児童の権利に関する条約が明記されて、児童を権利の主体として法的に位置づけることを表すことになりました。第1条~第3条までは総則にあたりますが、第3条は総則の中の、国や地…