「お金を払えばアクセスできるところに、素晴らしい情報はあるのでしょうか」 #わたしのサブスク BRUTUS編集長 西田善太

編集部がお邪魔したのは、マガジンハウス本社内にある『BRUTUS』編集部。いつか見た表紙がたくさん並ぶフロアに降り立ち、興奮を抑えることができません。「ちゃんと淹れてるので、おいしいですよ」とマグカップを差し出してくれる西田さん。淹れ立てのホットコーヒーをごちそうになりながらの取材がはじまりました。