「ぼくのかんがえたさいきょうの」の意味や使い方 Weblio辞書

「ぼくのかんがえたさいきょうの」の意味は生み出されたキャラクターや物語など創作物が、まるで子供が無邪気な心で考えたものかのように稚拙であることを強調するための語のこと。Weblio辞書では「ぼくのかんがえたさいきょうの」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。