「下手の考え休むに似たり」の意味や使い方 Weblio辞書

「下手の考え休むに似たり」の意味は碁や将棋で、下手な者の長考は、時間を浪費するだけで、なんの効果もないのこと。Weblio国語辞典では「下手の考え休むに似たり」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。