『新しい日常』グリーン水素エネルギー化に向けた取り組み【脱炭素社会】

兵庫県 世界遺産姫路城、その城下町を今月(2021年4月)からある新しいバスが走り出した。 「水素で動く燃料電池バス」である。 兵庫県を中心に700台ほど運行するバス会社(神姫バス)が、西日本で初めて路線バスに導入、事業者として悲願であったという。 「バスは昔であれば黒い煙を出して環境に悪そうなイメージがあっ…