新型コロナで在庫処分企業ショーイチへの買い取り依頼が3倍に膨張 | WWD JAPAN.com

新型コロナウイルス感染症拡大、それに伴う店舗の臨時休業、営業時間短縮を受けて、アパレルや小売りのサプライチェーンが大幅に狂っている。春物がECで値下げされているのをよく目にするが、アパレル在庫処分大手のショーイチ(大阪、山本昌一社長)にも、例年にない量の過剰在庫が持ち込まれているという。