三島由紀夫『絹と明察』 考察:堅田の浮御堂

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.co「桟橋につく。左方の繁みから、浮御堂の瓦屋根が、その微妙な反りによって、四方へ白銀の反射を放っている。町長が桟橋へ出迎え、駒沢に慇懃な挨拶をし、大社長連へいちいち名刺を出して廻った。それが彼の引き連れた出迎えの人たちの央だから、桟橋はひど…