定時で110の成果を出すAさんと、(自主)残業をして120の成果を出すBさん

会社員の評価方法は相対評価が一般的ですが、タイトルにあるような2人が被評価者にいる場合に、評価者として感じていることを書きました。働き方が多様化していく中で、評価はより難しくなっていくと思います。