耳鳴り放置したら死にかける話【難聴:真珠腫闘病記-01話】

私は子供のころ鼻水を「かまず」全力で「すすって」いた。 今、その癖はなくなったものの、昭和の時代は現代のように身近にティッシュもなく「鼻をかむ」という習慣が備わっていなかったように思う。よく服の袖で鼻水をふいてカピカピになっていたのを記憶している。 当時はもちろん、この鼻水をすする癖がのちに大きな病…