【書評】「まんがでわかるピケティの「21世紀の資本」」とても読みやすい本でした。r側になろう。

ずずずです。 「21世紀の資本」は投資家がおススメする本の1つに必ず入るほど人気のある一冊です。 その翻訳を担当した1人である山形浩生氏が出版された本となります。 「21世紀の資本」に手をつける前にまずは事前予習レベルで読むというのもよいかと思います。 まだ私も21世紀の資本を読んでいないので、これか…