ただ、無差別に虐殺されるのを待つしかない絶望 ルワンダの涙

2005年 イギリス、ドイツ ルワンダ1994年4月5日から11日の間に起きた実話とのことです。 フツ族政府は30年間少数民族のツチ族を迫害していましたが、西欧諸国の圧力でフツ族は渋々ツチ族と権力を分け合うことに合意しました。国連は首都キガリに少数の平和監視のための軍を派遣していました。そういう状況下にありました。…