円、一時111円台=3カ月ぶり円安水準 原油相場も上昇⤴

週明け27日午前のニューヨーク外国為替市場では、米長期金利の上昇を受けて円売り・ドル買いが優勢となり、円相場は一時、7月上旬以来約3カ月ぶりの円安水準となる1ドル=111円台を付けた。午前9時現在は110円85~95銭と、前週末午後5時(110円68~78銭)比17銭の円安・ドル高。 米長期金利の上昇を受けて、海外市場では⤴…