『ほめてほしかった。お母さんを喜ばせたかった。』

こんにちは。和久田ミカです。フェイスブックを見ていると、過去の同じ日付につぶやいていたことを見ることができます。こんなの、出てきました。1年生の女の子の詩です…