iPS細胞開発 カギになったのは「素人」の「乱暴な」作戦〈AERA〉

 成果の発表から6年。山中伸弥・京都大学教授のノーベル医学生理学賞受賞が決まった。医学の常識を覆す万能細胞「iPS細胞」の開発を可能にしたのは、できて...