日本の住宅建築システムの変遷と特徴

大工・棟梁の時代従来、日本の家を建てていたのは「大工」さんです。現在でも、木造住宅を施工するのは大工ですが、受注や設計・全体の現場管理はその役割の多くが住宅メーカーに移行しています。親方(責任者)は棟梁とも呼ばれ、自分で図面を引き材料を選び