「四苦八苦」の本当の意味って?実は深い仏教用語-四苦八苦① | 1からわかる仏教講座 東京

「四苦八苦」の語源は仏教であり、現代で使わている意味と本来の意味は異なります。「四苦八苦」とは、いつの時代、どの国の人も避けることのできない苦しみで、生苦、老苦、病苦、死苦、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五陰盛苦の8つです。生苦から死苦までを「四苦」と言い、あとの4つを加えて「八苦」と言います。