三百六十度評価(サンビャクロクジュウドヒョウカ)とは - コトバンク

デジタル大辞泉 - 三百六十度評価の用語解説 - 評価される人の上司・同僚・部下、接触のある他部門の担当者、取引先からなど、多方面からの評価を求める人材評価制度。結果は適正に処理の上、本人にも示される。多面評価。