三角貿易(さんかくぼうえき)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 三角貿易の用語解説 - 一般的には多国間貿易の一種で,3国間の貿易で収支の均衡を確保する方法。歴史上では独立前のイギリス領アメリカ植民地商人が行なった貿易方法として知られる。植民地商人がイギリス工業製品を輸入するための三角貿易は,植民地の穀物,肉類,...