【映画 ビリギャル】“頑張ること”が生み出すポジティブなエネルギー

実話を基にしたベストセラー小説「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」の映画化。さやか演じる有村架純が、映画においても女優としての評価を得た作品。実際のさやかさんのコメントから映画が実話であることや映画のその後を紹介しています。