百日紅 江戸の日常の情緒を描いた大人が泣けるアニメ

「文学漫画」と呼ばれる杉浦日向子の原作「百日紅」を『クレヨンしんちゃんシリーズ』『河童のクゥと夏休み』など、オトナが泣けるアニメを作ることで有名な原恵一が長編映画化。奇行の絵師・葛飾北斎とその娘・お栄、そして居候の善次郎の3人の生活を軸に人情、恋愛など、江戸に生きる人々の様々な人間模様を描く。