慶大など:子宮移植サルが妊娠 人での臨床研究申請へ - 毎日新聞

 サルから摘出した子宮を別のサルに移植して妊娠させることに成功したと、慶応大などの研究チームが13日、仙台市で開かれた日本産科婦人科学会で発表した。チームは発表後、報道陣の取材に「技術的課題は解消された」と述べ、国内初となる人の子宮移植の臨床研究計画を年内に学内倫理委員会に申請する方針を明らかにした