大外刈り訴訟 技の危険性認めるも賠償請求は退ける 福岡地裁 - 毎日新聞

 柔道の部活動中に大外刈りで投げられ、死亡した中学1年の女子生徒(当時13歳)の父親が、過去に重大な事故も起きている大外刈りを小中学生には禁止すべきだったとして、全日本柔道連盟(全柔連)に3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、福岡地裁であった。徳地淳(とくち・あつし)裁判長は大外刈りの危