概念共有の悲劇|blue6|note

「概念を共有する」と言った場合、外部にある何らかの概念を誰かと共有するという意味合いで使用されることが多いと思われる。 しかし、概念は外部に存在するだけでなく、自分自身もまた概念に属する者である。 あなたが日本人なら、日本人、アジア人、人間、生物といった概念に自らも属することになる。 ここでの「概…