パニック障害とうつ病を20代に経験した私が今思うこと|渡邊由佳(ゆかねぇ)|note

20代後半の3年間、私はパニック障害とうつ病で暗闇の中をずっとさまよっていた。 そして40歳を過ぎた今になっても、自分がうつ病であったことを(近しいわずかな人間を除いて)話すことはなかった。 怖かったのだ。 「私がうつ病だったと知ったら周囲はどう思うだろう」と想像するだけで心がこわばり、震えがとまらな…