ターコイズブルーが導く先、回想の部屋【日本・新潟】|伊佐 知美|note

たくさんの思い出が詰まった部屋をぐるり、夕陽のなかで見渡した時に「あぁ、私はこの家に長く住んでいたんだな」と当たり前のことを思う。 実家の話。 懐かしい匂いのする通りをふらり歩いたり、その道の向こうに記憶の中の君を見たり。本当に実物だったりするから、地元はたのしい。久しぶり、と声を交わす。 私は幼…