不可能性が存在を規定する - 四畳半神話体系より|わたぽん|note

本や曲などから、気になった言葉を書き留めておくノート。今日は森見登美彦氏の著書、四畳半神話体系より。 僕は自分の人生に満足したいけれど、満足しきれていない、そんな学生生活を送ってきた。そこで四畳半神話体系を手に取った。主人公は阿保な学生生活を送っているのである。これで自分の気も紛らわせるだろうとい…