「男」でも「女」でもない、性の多様性を受け入れたパスポートが浮き彫りにしたこと|WIRED.jp

性別として男性でも女性でもない「中立」の選択肢を認めた身分証明書を発行する国には、実はインド、ネパール、パキスタンといった国が含まれる。伝統的な価値観が根強く残る保守的な社会で、なぜこういった選択肢が認められているのか。歴史と現状をひもとい