「記録マクロ」ではなく、「書くマクロ」を身につけよう | EX-IT 効率化で独立を楽しく

Excelのマクロには、2種類あります。 「記録マクロ」と「書くマクロ」です。 (正式な名称ではありませんが、便宜上こう呼びます) マクロをこれから学ぶなら、絶対に<書くマクロ>です。 むしろ記録マクロは特定の場合を除いて使ってはいけません